お中元・お歳暮マナー 贈るのをやめたいときはどうする?

リボン掛け

お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈るお中元・お歳暮。

しかし、
・疎遠になってしまい、形式的なやりとりが続いている。
・こちらが贈ることで、気を遣わせているのではないかと気になる。

こんなとき、お中元やお歳暮などの贈り合いを
やめてもいいのでしょうか?

意外と知らないマナーについてまとめました。

お中元・お歳暮のやめどきって?

毎年続いているお中元やお歳暮の贈り合い。

以前お世話になったが、今ではお付き合いがなくなった、
相手が引っ越しをした、などと
疎遠になってしまったときがやめどきです。

一般的に、仲人をしていただいた方へのお歳暮も
三年が目安と言われています。

まずは、今後もお付き合いが継続していく相手かどうかを
見直してみましょう。

お中元・お歳暮を止めるときはどうする?

何年も続いていたやりとりを突然止めてしまうのは、
失礼にあたります。

お中元・お歳暮をやめてもご縁をつなぎたい、という方には
徐々にやめていく、という方法をとります。

①まず、その年のお中元を贈らずに、暑中お見舞いの葉書だけを
出すようにします。

この年のお歳暮は、通常通りに贈ります。

②翌年は、お歳暮の金額を抑えます。

毎年5,000円程度の品を贈っていたのであれば、
3,000円程度の品を選ぶとよいでしょう。

③その次の年には、お歳暮は贈らずに、年末の挨拶状もしくは
寒中見舞いの葉書を出すようにします。

こうして段階を踏むことで、相手に失礼のないように
やりとりを止めることができます。

お歳暮だけのやりとりをやめたいときは?

毎年、お歳暮だけ贈り合う関係が続いている場合は、
最後のお歳暮を贈る際に、お礼状を添えるとよいでしょう。

文面には、今までの感謝を述べ、来年からは贈らない旨を
記します。

また、今年からやめたいという場合には、
今年はお歳暮を贈らない理由を説明し、今でのお礼を述べる手紙を
出すとよいでしょう。

まとめ

どれだけお世話になった方でも、時がたち、疎遠になってしまうことは
誰しもあると思います。

しかし、お中元・お歳暮のつながりがなくなり、音沙汰なしに
なってしまうのは、寂しいもの。

年賀状や電話などで、たまには近況をお知らせするとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする