子どもが熱中症になったらどうする?症状と対処法なりやすい時期は?

sun
夏が近づき暑くなってくると、心配なのが熱中症

子どもって暑い日でも元気に外で遊んでいるから、大人が気をつけてあげないといけません。

熱中症は、重症になると命の危険さえ伴うこともあります。

子どもが熱中症になった場合の症状と対処法をぜひ知っておきましょう。

 

子どもが熱中症になりやすいのはなぜ?

大人に比べると、子どもは熱中症にかかりやすいといわれています。

これは次のような理由があるためです。

●赤ちゃんや幼児は体温を調節する機能が未発達なため。

●大人と比べると背が低く、地面の熱を感じやすいため。

●水分補給や暑さ対策を自分で取れないため。

子どもは、熱中症にかかった場合でも、自分では身体の不調に気付かないことが多いので、保護者の方がよく注意してあげなければいけません。

熱中症かな?と思ったときの対処法は?

子どもが熱中症っぽいとき、どう対応すればいいのでしょうか。

熱中症の初期症状として、以下のようなことが見られます。

●元気がなくなる

●ぼーっとしている

●汗をかいていない

●唇が渇いている

●ふらふらしている

●顔色が赤い(または青い)

このようなサインを見つけた場合は、脱水症状を起こしていると考えられます。

対処法としては、まず涼しい場所へ移動し、少量の糖分や塩分を含んだイオン飲料などを飲ませます。(麦茶でもOK!)

そして衣服をゆるめて風通しをよくし、首回りやわきの下を濡れタオルなどで冷やしましょう。

このとき、意識がない・痙攣を起こしている場合はすぐに救急車を呼びましょう。

また、子どもの様子を見て症状が改善しない場合も、病院を受診しましょう。

熱中症になりやすい時期はいつ?

熱中症になりやすいのは、ギラギラ太陽が照りつける日だけではありません。

真夏の気温の高い日はもちろんですが、蒸し暑い梅雨の晴れ間や、梅雨明け後に急に暑くなったときなどは要注意!

身体がまだ暑さに慣れていないため、熱中症にかかりやすいのです。

熱中症の発生件数は6月後半ごろから増加し、9月頃まで続きます。

特に発生件数の多いピークの時期は、7月中旬から8月上旬の日中ですので、予防対策をしっかりしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

熱中症は高温の炎天下にいることで起こりやすくなりますが、室内や車内でも起こる可能性は十分にあります。

戸外、屋内に関わらず、こまめな水分補給と温度管理を心掛けて、子どもの熱中症を予防したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする