浴衣を自宅の洗濯機で簡単に洗う方法 色落ち・シワなしの洗い方とは

浴衣

お祭りや花火大会で着た浴衣。
汗や汚れがついているので、着用後は早めに洗うのがおすすめです。

クリーニングに出すとけっこうお金のかかる浴衣ですが、実は自宅でも簡単に洗濯ができるんです。

しっかりケアをしていれば、長く着られるものなので、自分で洗ってみましょう。

洗濯機で洗えるか・色落ちをチェック!

まず浴衣の裏についているタグを見て、素材を確認します。
「綿」や「ポリエステル混」素材で、「洗濯可能」「手洗い」と書いてあれば、洗濯機で洗濯できます。

タグが見当たらなかったり、「麻混」など天然素材のある場合は、クリーニング店にお願いした方が安心です。

次に、色落ちしないかを確認します。
白いタオルに水を含ませて、浴衣の色部分を軽くトントンと叩きます。これで色が出なければOKです。色が出る場合は、クリーニング店にお願いしましょう。

浴衣の洗い方

<用意するもの>
・中性液体洗剤
・大きめの洗濯ネット
・固形石鹸(汚れが気になる場合)

①予洗いをする。
襟元や袖口など汚れが気になる場合、固形石鹸であらかじめ洗っておきます。ゴシゴシすると生地が傷んでしまうので、優しくもみ洗いしてあげるのがポイントです。

②浴衣を畳んで、洗濯ネットに入れます。
畳み方は、まず浴衣の“背縫い線”で折って袖を合わせます。さらに袖を合わせて折り畳み、丈の部分を三つ折りにしてネットに入れます。

③洗濯機で洗う。
中性洗剤を使用して、「ドライコース」や「手洗いコース」で洗濯します。脱水はいつもより短めの時間に設定します。

洗った後の浴衣の干し方

洗濯機で脱水まで終わったら、すぐに浴衣を取り出し、畳んだまま平らな所に置いてシワを伸ばします。

そして、裏返しにして着物ハンガーに掛けます。着物ハンガーがなければ、洗濯竿に袖を通して掛けるとよいでしょう。

完全に乾ききる前に、湿気が少し残った状態で、ハンガーから外し、アイロンをかけます。このとき、当て布をして生地の裏側からかけていきます。こうすると、スチームアイロンでしわを伸ばすよりも、仕上がりが綺麗になりますよ。

洗うときに注意することは?

浴衣を自宅で洗うときに、一番気をつけたいのが色落ち色移りです。

洗濯する際には、必ず浴衣だけを一枚ずつ洗濯し、お湯やぬるま湯は使わずに、冷たいお水で洗いましょう。

干すときも日光に当てずに陰干しし、生地を裏返して干すと色落ちしにくくなります。

さらに浴衣を畳んで優しく洗うこと、洗濯後に乾ききる前にアイロンをかけることで、シワになるのを防げます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自宅で洗濯機で洗えると、とても手軽にできますし、クリーニング代の節約にもなりますね。

お気に入りの浴衣があれば、ぜひ優しく洗って長く着てあげてください。

浴衣を着てお出かけする機会も増えるかもしれませんね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする