失敗しないランドセルの選び方とコツ 人気の色や素材おすすめは?

入学式
小学生のトレードマークといえば、ランドセル

来年小学校に入学される6歳のお子さんやお孫さんをお持ちの方にとって、ランドセル選びはとても楽しみですね^^

6年間使うものだから、しっかりしたものをプレゼントしてあげたいもの。

でも最近のランドセルって、色や形、素材もたくさんあって、どれを購入すればいいのか迷ってしまいます。

そこで、ランドセルを選ぶときのポイントと、人気の色やブランドを男の子、女の子別にまとめました。

 

失敗しないランドセルの選び方は?

ポイント1:色
ランドセル選びで最初に迷うのが「何色にするか?」ですね。
最近のランドセルは選べる色の種類が多く、特に女の子の場合は赤やピンクといった定番カラーのほかに、水色やラベンダー、黄色、茶色などとカラフルなのが特徴です。
デザインにもよりますが、薄いカラーだと汚れがつきやすく、高学年になったときに後悔するもことも。
まずは店頭で実物を見てしっかり確かめて、6年間大事に使える色やデザインを選びたいですね^^

ポイント2:形
ランドセルを選ぶときに色やデザインなど外見も気になりますが、大きさもきちんと比較しておきましょう。
最近は小学校でもA4サイズの教科書を使用していることから、ランドセルもサイズが大きめのモデルになっています。
ですが、旧モデルのランドセルでも少し折り曲げればA4サイズの教科書やファイルも収納できます。
小柄なお子さんの場合は、身体に合わせてランドセルも小さめを選ぶという選択肢もありますよ^^

ポイント3:素材
ランドセルの素材(生地)は大まかに分けると天然皮革(牛革・コードバンなど)人工皮革(クラリーノなど)の2種類があります。
牛革やコードバン(馬)が使用されている天然皮革のランドセルは耐久性があり、使うほどに風合いがでてきます。
また価格も人工皮革のランドセルに比べると高額で、プレゼントにもとても喜ばれます。
一方、人工皮革のランドセルは軽量で汚れがつきにくく、雨や傷にも強いのが特徴です。
天然皮革のランドセルと比べると価格がリーズナブルな商品が多く、カラーバリエーションも多くなります。
天然皮革・人工皮革のどちらにも、それぞれメリット・デメリットがありますので、実際に店頭で触ったり背負ってみて決めるのがおすすめです。

ポイント4:安全性
メーカーやブランドによって差が出るのが、ランドセルの安全機能です。
たとえば、普段あると便利なランドセルの金属フックや袋掛けフックですが、遊具や横を通った自転車に引っかかるという事故も。
もしものことがあった場合に、外れる仕組みになっていれば安心できますね。
また、防犯ブザーを取り付けられるようになっていたり、反射材がついていれば暗い時間の下校にも役立ちます。

男の子に人気の色やブランドは?

男の子に人気があるのは、かっこいい黒のランドセル
ブラックといっても、シンプルなものからステッチに凝ったデザイン性のあるものまで種類がたくさんあるので、お子さんの好みに合わせて選ばれているようです。
また、ナイキやプーマなどのスポーツブランドのランドセルは特に人気があり、毎年完売してしまう商品も。

女の子に人気の色やブランドは?

男の子よりもデザイン重視でランドセルを選ぶ傾向のある女の子。
一番人気の色はピンク系で、次いで水色などの爽やかなブルー系が選ばれています。
可愛らしいデザインよりも落ち着いたものがいい、という女の子にはチョコレートやブラウンなどのブラック系でステッチがおしゃれなものが人気です。
また、メゾピアノやシャーリーテンプル、JENNIなどのファッションブランドのランドセルもとても人気があり、毎年完売する商品が出ています。

まとめ

6年間一緒に過ごすランドセル。

大切に使えるよう、実際に触って背負ってみてお気に入りを見つけてあげてください。

これからどんな思い出が詰まっていくのか本当に楽しみですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする