目の青グマの原因は?簡単な解消法とメイクで上手く消す方法も!

悩む女性
しっかり寝たのに取れない目の下の青いクマ

なぜかよく「疲れてるの?」と聞かれたり。
クマのせいで見た目年齢も上がって、前より老けて見えるかも・・。
そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

気になり始めると鏡を見るのも嫌になる青グマですが、なぜできてしまうのでしょうか。
青グマができる原因と簡単な解消法、そしてメイクで上手く消す方法を調べてみました。

目元のクマには3種類あった!

目元にできたクマを消す方法として、ホットタオルで温めたり、目元をマッサージするのがいいという話はよく聞きますね。

ですが、クマとよばれるものにはいくつか種類があり、そのタイプによって原因と解消法も違ってきます。

くまは大まかにいうと「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」の3つのタイプに分けられます。

それぞれ3つのクマの特徴と見分け方をご紹介しますので、あなたのクマはどのタイプかチェックしてみてくださいね!

●青グマ
指で皮膚を引っ張ると薄くなる。目の下を押さえると血流によって色が変わる。メイクで隠すことができる。

●黒グマ
上を向いたり、指で皮膚を引っ張ると薄くなる。メイクで隠せない。

●茶グマ
指で皮膚を引っ張っても薄くならない。メイクで隠すことができる。

青グマができる原因とは?

目の下に青グマができる原因は、血行不良によるもの。
寝不足や冷えなどで血流が滞り、下まぶたの静脈が透けて見えるためにできてしまいます。
生理不順や肩こり、冷え性などの体質の方は血行が良くないため、青グマができやすいといわれています。

これに対し、黒グマは下まぶたの皮膚がたるんで影を作ることによってできたもの。

また茶グマは目をこするなどの刺激を与えられたことで色素沈着が起き、さらに角質が肥大して硬くなってしまい茶色く見えるものを指します。

青グマを簡単に解消するには?

青グマは冷えや疲れからくる血行不良が原因なので、血行を促進することが効果的です。
適度な運動を習慣にすれば全身の血行がよくなるのでおすすめです。

でもジムに通ったり、ヨガをする時間もなかなか取れないですよね。
そんなときは軽いウォーキングをしたり、デスクワークの合間に首や肩をほぐすストレッチを行うとよいでしょう。

また目元にホットタオルを当てるのも、一時的ですが効果があります^^
疲れ目やドライアイも緩和してくれますよ。

ただし、青グマは生まれつきの要素が強いのも特徴です。
美顔器などで日常的に目元の血行を促進するケアを心掛けるのもよいでしょう。


青グマを上手く隠して目立たせないメイク方法は?

目立つとオバケのように怖い顔に見えてしまう青グマ。
上手く隠すにはコントロールカラーではなく、コンシーラーを使いましょう。
固形のコンシーラーは、カバー力も高く使いやすいのでおすすめです。

使い方は、利き手の中指に固形コンシーラーを少し取り、指の腹を使ってトントンとなじませます。
仕上げにフェイスパウダーを顔全体にはたけばOKです。
コンシーラーの上からファンデーションを重ねると、厚塗り感が出てしまうので避けましょう。

また視線を引き上げるためにアイメイクを強化したり、チークをのせることで若々しい印象に仕上がりますよ^^

さいごに

朝鏡を見て青グマがあると、それだけで1日が憂鬱になってしまいがち。
寝起きは体温が低く血流が滞りやすいため、特にクマが目立ちやすいのです。

見た目は人の印象の9割を決めるといわれています。
クマは老け顔の原因にもなってしまうので、しっかり対策をして出かけたいですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする