紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは?敏感肌ならどう選ぶべき?

UVケア
紫外線対策の基本といえば、日焼け止めですよね。

シミやシワ、たるみの原因にもなる紫外線ですので、しっかり予防したいところ。

でもドラッグストアなどで販売されている日焼け止めをよく見てみると、紫外線散乱剤とか紫外線吸収剤フリーなんて表示されています。

身体の中でも敏感な顔に塗る日焼け止め。
特にお肌の弱い方は、その成分や選び方のポイントを押さえておきたいですね。

今日は、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について調べてみました。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いとは?

お肌の老化を早めるといわれている紫外線。
しっかりと予防対策を行うために使いたいのが、UVケアできる日焼け止め化粧品です。

店頭にはたくさんのUVケア製品が並んでいますが、日焼け止め効果のある2つの成分「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の違いはご存じでしょうか。

どちらにも使用する上でメリットとデメリットがありますので、それぞれご紹介しますね。

紫外線吸収剤の成分とは?

紫外線吸収剤とは、紫外線を皮膚の上で吸収する化学物質のことを指します。
紫外線を吸収すると、お肌の上で化学変化を起こして紫外線の影響を和らげてくれ、お肌の内部へ侵入するのを防ぎます。

代表的な成分名は、パルソールA、メギゾリルSX、桂皮酸、オキシベンゾンなどです。

紫外線吸収剤の一番のメリットは、汗で流れにくいこと。透明で白浮きすることなく使え、塗り心地がさらさらしているのも特徴です。
また紫外線吸収剤は紫外線防御力が高く、高SPF値の製品には必ず必要となる成分です。

ただし防御力が高いぶんお肌への刺激が大きく、人によっては肌荒れの原因になることがあります。

紫外線散乱剤の成分とは?

紫外線散乱剤とは、紫外線をお肌の上で反射させる物質のことを指します。
通常、金属を酸化させた粉体や細かい粘土質の粉などが用いられます。

代表的な成分は、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクなどです。

紫外線散乱剤のメリットは有機化合物ではないためお肌への刺激が少ないこと。
低刺激なものや赤ちゃん用の日焼け止めには、紫外線散乱剤を使用しているものが多いです。

ただし白浮きしやすいことやベタベタしていて、使用感では紫外線吸収剤に劣ります。
ジェルタイプのものや化粧水のようにさらさらした日焼け止めには、たいてい紫外線吸収剤が使用されているので注意が必要です。

また紫外線散乱剤は汗に弱く、汗をかくと流れるため塗り直しが必要になるのもデメリットの一つです。


敏感肌なら紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどちらがいい?

上記のように長所短所のある紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。
敏感肌の方で毎日、日焼け止めを使いたいという場合は、どちらを選べばよいのでしょうか。。

顔に塗るタイプの日焼け止めとして販売されているのは、日焼け止めとして使える化粧下地や乳液タイプのものですね。
日焼け止めの伸びをよくし、白浮きを防ぐために紫外線吸収剤を使用しているものが多いですが、紫外線吸収剤を毎日塗るのはお肌に負担をかけてしまいます。

特に敏感肌でお悩みの場合は、紫外線吸収剤の成分でかぶれたり肌荒れを起こすこともありますので、紫外線散乱剤を選ぶとよいでしょう。
毎日塗る化粧下地は紫外線散乱剤を使用し、アウトドアやレジャーの際には落ちにくい紫外線吸収剤を含んだ日焼け止めを使用するといった使い分けがおすすめです。


敏感肌の日焼け止め化粧品の選び方のポイントは?

1.PAやSPF値をよく見る
紫外線A波をカットする力を示すものをPA値、紫外線B波をカットする力を示すものをSPF値といいます。
どちらも数値が高いものやウォータープルーフタイプで汗や水に強いものは、お肌への負担が大きくなります。
敏感肌であるなら毎日使うのは避けましょう。

2.紫外線吸収剤フリー
敏感肌や赤ちゃんなど肌の弱い場合、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤がお肌にとって刺激になることがあるので、紫外線吸収剤を含まないものを選ぶとよいでしょう。
商品によって「紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと表示されています。

3.クリームまたは乳液タイプを選ぶ
ローションやジェルタイプ、またスプレータイプの日焼け止めは使用感が良くさらさらとして人気がありますが、ほとんどのものが紫外線吸収剤のみでできています。
紫外線吸収剤を含まない日焼け止めはクリームまたは乳液タイプであることが多いので、選ぶ際に注意しましょう。

肌に優しくて日焼け止めよりおすすめの紫外線対策は?

紫外線対策としてすぐに思い浮かぶのが日焼け止め化粧品。
ですが、日焼け止めは適量を守らないと期待するUV効果は得られません。

日焼け止めに表示されているSPF値は、
「皮膚1㎠あたり2mgの日焼け止めを塗った場合の効果」として測定されています。

この使用量は、顔全体に塗ると500円玉大の日焼け止めを塗るのを同じくらい。
この量を顔に塗るとベタベタしたり、顔が白くなってしまいますね^^;

そこで日常の紫外線対策としておすすめなのが、パウダーファンデーションです。
パウダーファンデーションには一種の紫外線散乱剤が含まれているため、粉の成分が紫外線をはね返し、日焼け止めと同じくらいの効果を発揮します。

日焼け止めを毎日塗るとお肌に負担となりやすいですが、そのかわりとしてパウダーファンデーションを使用すると肌に負担をかけずに、またしっかりUVカットできます。
さらに、汗などで崩れてしまっても塗り直しが簡単にできるメリットもあります。

まとめ

紫外線はお肌の大敵とはいえ、目に見えません。

自分が毎日どのくらい紫外線を浴びているのか実感できないので油断しがちですが、5年後、10年後に後悔しないためにもしっかりUV対策を行いたいですね!

敏感肌は特に肌ダメージを受けやすいので、敏感肌こそ紫外線対策が大切です。
肌トラブルを繰り返さないためにも、しっかりケアを行いたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする