大阪天神祭奉納花火が見えるおすすめの場所と穴場!場所取りは何時から?

花火
大阪の夏に欠かせない天神祭奉納花火
大川に浮かぶ船渡御と夜空の花火を楽しめるのが魅力の花火大会です。

1000年以上の歴史を誇る天神祭のフィナーレを飾る奉納花火には、130万人もの見物客が訪れるため、打ち上げ場所周辺は例年大混雑します。

ですので、せっかく観に行くなら花火がバッチリ見える場所と最寄駅をおさえておきたいですよね^^

今日は天神祭奉納花火が見えるおすすめの観覧場所と、穴場スポットもあわせてご紹介します。

天神祭奉納花火が見える定番スポットと場所取りの時間は?

天神祭奉納花火の打ち上げ場所は2ヵ所あり、毛馬桜ノ宮公園川崎公園周辺から打ち上げられます。
そして、花火の観覧スポットは大川を挟んで東側エリアと西側エリアに分けられます。
観覧スポットによって最寄駅も変わりますので、事前にどこで花火を観るのか決めておくといいですね。

また川に架かる橋の上では花火がよく見えますが、立ち止まることは禁止されているので場所取りをするなら橋の近くがよいでしょう。
川原に降りた場合は、周りの木やビルが邪魔になって見えないことがあるので、視界の開けた場所を選ぶのがポイントです。

では、打ち上げ場所から近く定番人気の観覧スポットからご紹介しますね。

1.桜之宮公園中央広場

毛馬桜之宮公園は広く、大川沿い約4キロに渡って延びる公園です。最寄駅はJR桜ノ宮駅。
こちらは大川の東側エリアになりますが、障害物もなく花火を間近で楽しむことができます。
多くの屋台も軒を連ね、お祭り気分も満点♪ということで、大混雑は覚悟しておいた方がいいでしょう^^;
夕方の4時頃からすでに場所取りが始まっているので、いい場所を確保したいのであれば少しでも早く到着しておいた方がいいですね。

2.桜之宮公園

大川の東側エリアにあたる川沿いは広範囲にわたって花火を観ることができます。最寄駅はJR桜ノ宮駅。
特に桜宮橋(銀橋)より北側は打ち上げ場所から近くド迫力の花火を楽しむことができるため人気があります。
場所取りも早くから行われるため、ココで観覧したいなら遅くても夕方5時までには到着しておきたいところ。

3.OAPタワー周辺

大川の西側エリアになるOAP(大阪アメニティパーク)。花火の打ち上げ場所の真正面から見ることができる、絶景の観覧ポイントです。
音も光も大迫力で楽しめるため、午前中から場所取りをする人もいるほどの激戦区となります。
最寄駅はJR大阪天満宮駅もしくはJR天満橋、地下鉄南森町駅です。

4.OAP円形広場

打ち上げ場所の真正面にあり、階段などに腰かけてみることのできるOAP円形広場。
こちらは低い位置で上がる仕掛け花火などは見えにくいものの、至近距離で花火を楽しむことができます。
ゆっくり座って見られるポイントとあって、例年人気があり早い時間から混雑が始まります。
絶景ポイントを狙うには午前中から、遅くとも4時前には到着しておきたいですね。
最寄駅はJR大阪天満宮駅もしくはJR天満橋、地下鉄南森町駅です。

天神祭奉納花火の穴場スポットは?

せっかくだから花火を間近で楽しみたい!でも人の多い疲れるからイヤ!
そんなあなたにこっそりご紹介したい観覧場所が、藤田邸跡公園前です。

藤田邸跡公園は毛馬桜ノ宮公園の南に隣接している公園で、藤田美術館の前にあります。
この公園は川崎橋の東側にあり、並木をよければ2ヵ所の花火を楽しむことができますよ^^

花火大会の主要駅となるJR桜ノ宮駅から離れているため混雑も少なく、さらに花火もよく見える穴場スポットです。
最寄駅はJR大阪城北詰駅になります。

また、打ち上げ場所から少し離れたところにある川崎公園(川崎橋の東側)も穴場スポット。
人混みを避けてゆっくり花火を楽しむことができます。
こちらも最寄駅はJR大阪城北詰駅になります。

天神祭奉納花火は梅田スカイビルの空中庭園から見える?

天神祭奉納花火を人混みから離れて観たい!
という人の隠れスポットになっているのが、梅田スカイビルの空中庭園展望台です。

ただし、離れているため花火は小さ目^^;
それでも例年カップルに人気の観覧スポットになっています。

微妙な観覧ポイントとしては、このほかに大阪駅前第3ビルの展望フロアや阪急グランドビル(阪急32番街)のレストラン、HEP FIVEの観覧車などからも小さく花火を楽しむことができますよ^^
お祭り気分は味わえないものの、涼しい場所からゆったり花火が観られるのはいいですね。

天神祭の花火は街中で行われるため、規制があって高く打ち上げることができません。
そのため打ち上げ場所から離れてしまうと見えにくく、ビルなどにも邪魔されてしまうので、花火をメインに楽しみたいなら大川周辺で観覧するのがおすすめです。

まとめ

江戸時代にはすでに打ち上げられていたという天神祭奉納花火。
今年の花火を観る場所は決まりましたでしょうか。

例年大混雑しますが、火と水の祭典をどうか楽しんできてくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする