飲む日焼け止めは効果なしって本当?塗るタイプと効果に違いは?


数年前から、飲む日焼け止めってよく耳にしますよね。

私自身、存在は知っていたものの
なんとなく身体によくないのでは…?
と思っていた部分もあり、実際に使用したことはありません!

ただ、塗る日焼け止めだと匂いが気になったり
何度も塗り直さなければならなかったり…と
シーンによってはなかなか手間ですよね。

しかしながら、日頃から紫外線対策は必須なので
なるべく楽に効果を見出したいと思うのは当然のことですよね。

そこで今回は、飲む日焼け止めって実際のところ効果はあるのか
塗る日焼け止めとの違いなども含めてご紹介をさせていただきます。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めは効果なしって本当?

紫外線対策は夏場だけでOK!というわけにはいかず…
どんな時期でも必ず対策をしておいた方が良いです。

紫外線が蓄積されると肌ダメージはもちろん
日焼けなども気になるところなのですが
塗る日焼け止めってちょっと手間だったりしますよね!

今ではさらさらなテクスチャーのものもありますが
やはりどんなものでも多少匂いはしますし
それが苦手という方も多いと思います。

そこで、数年前からよく聞くようになったのが
飲む日焼け止めです!

やはり飲むということは直接体内に入れるため
成分なども考えられて作られているようではありますが
もともとサプリメントに近いもののようなので
これを飲んでおけば確実に紫外線対策ができる!
というわけではないようですね。

上手く活用をしていけば、美肌効果もあったり
紫外線対策としても効果がだせるようではありますし
ものによっては効果が24時間ほど続くものもあるそうです!

確かに塗る日焼け止めだと、何度も塗り直したり
塗りむらもでてくるので、そう考えるとメリットはありますよね。

副作用などもないように作られているので安心ではありますが
先ほどもお話をした通り、これだけ飲んでいれば紫外線対策はOK!
というわけにはいかないのが難しいところです。

スポンサードリンク

飲むことで、身体の内側からダメージを守ってくれる効果はありますが
紫外線を浴びると肌に蓄積されるダメージももちろんあります。

そのため、飲む日焼け止めは効果がないのかな?
と思ってしまう理由はこれだったということですね。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと効果はどう違う?

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの効果の違いは
先ほどもご紹介をした通りです!

簡単にお伝えをすると、飲む日焼け止めは内側からダメージを守りますが
塗る日焼け止めは外側からのダメージを守る!
というような効果があります。

そう考えると、一番効果が得られるのはこの2つの併用です!

もちろんどちらも、お値段を考えると安いものではないですが…

例えば、一番紫外線対策が必要な時期だけでも併用をする!
というのは、効果が大きくなるのでおすすめです。

塗る日焼け止めはどうしても、汗や皮脂などで落ちてきてしまって
気付くと効果が薄くなっていることも多いです。

そんなときに飲む日焼け止めを飲んでいるだけで
塗る日焼け止めの効果をカバーしてくれるということですね。

どちらも過度に使用しすぎると、肌トラブルや不調の原因になるので
必ず用法用量を守って使ってみてくださいね!

飲む日焼け止めは日焼けしてから飲んでもいい?

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと同じで様々な種類があります!

塗る日焼け止めで言うところの、SPFのようなイメージですが…
例えば、紫外線が強い日に適しているようなものや
サプリメントに近い形で使えるようなものがあります。

そのため、いつどんなときに使いたいのか
というところを検討した上で購入すると良いですね。

また、中には日焼けをしたあとにでも効果が期待できるような
万能なものもあるようです!

さいごに

飲む日焼け止めって実際のところどうなのだろう…
と半信半疑な部分はありましたが、上手く使えば効果がでる!
ということが分かりましたね。

もちろん個人差があるので絶対とは言い切れないのですが
副作用がでることもないと言われているものが多いので
その点も安心だと思います!

購入を考えている方は、購入前にリサーチをして
実際に使用した人のレビューなどを見たり
周りで使っている人がいれば聞いてみる…
というのが安心ではないでしょうか?

ただ、飲む日焼け止めだけを使っていれば
紫外線対策が万全!というわけではないので
使う場合はなるべく塗る日焼け止めと併用してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする