冬至にかぼちゃを食べる理由とは?2014年はいつなの?

カボチャ

冬至は一年のうちで最も昼が短く、夜が長くなる日で、
今年(2014年)の冬至は12月22日です。

冬至と聞くと、かぼちゃの煮物を食べて、
温かい柚子湯を思い浮かべる人も多いのでは
ないでしょうか?

「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」
と言いますよね。

でもかぼちゃの旬は、本来なら夏。
なぜ冬至の日にかぼちゃを食べるのでしょうか?

今日は冬至にまつわる豆知識をまとめました。

冬至は“一陽来復”の日

冬至は一年で一番日が短くなる一方で、翌日から日が長く
なっていくことから、古く中国や日本では
「太陽が生まれ変わる日」ととらえ、この日を境にして
運気が上昇する日とも言われてきました。

これを「一陽来復(いっちょうらいふく)」と言い、
冬至を一年の始まりとしていました。

この大切な日に、運気をさらに上昇させるために、
いろいろな食習慣やしきたりがあります。

「運盛り」という風習もその一つで、

・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
・人参(にんじん)
・蓮根(れんこん)
・銀杏(ぎんなん)
・寒天(かんてん)
・金柑(きんかん)
・饂飩(うんどん)=うどん

この7種類は、名前にそれぞれ「ん」が2つづつ
含まれていることから「冬至の七草」と呼ばれ、
冬至の日に食べると「運がつく」と言われています。

冬至にかぼちゃを食べる理由とは?

冬至の日にかぼちゃを食べるのは、南瓜(なんきん)で
「ん」が2つ含まれる運盛りのひとつであること。

さらに陰陽思想では、 冬=陰、夏=陽とされるため、
陰の極まる冬至の日に、陽の季節(夏)の食べ物である
かぼちゃを食べて陽の気を補う、という考えもあったようです。

実際にかぼちゃにはビタミンAやカロチンが豊富に含まれているので、
風邪予防にも効果があると言われています。

本来のかぼちゃの旬は夏ですが、長期保存がきくことから、
冬に栄養をとるための先人の知恵でもあったのでしょう。

このほかにも、「なん金(南瓜)」=金に通じるとして、
金運が上がるとも言われています。

柚子湯の由来は?

柚子湯に入ると、体が温まって風邪をひかない、と
言われていますが、本来は「一陽来復」で運を呼び込む前に
体を清めて厄払いをするための禊(みそぎ)でした。

冬が旬の柚子は香りが強く、邪気払いにぴったりだったのでしょう。

また血行を促進して体を温めたり、柚子の果皮に含まれる
クエン酸やビタミンCによる美肌効果も!

爽やかな香りによるリラックス効果もあり、冬を元気に越すために
とっても役立ちます。

柚子湯のやり方はさまざまですが、柚子を丸ごとお風呂に入れたり、
輪切りや半分にカットしてお風呂に入れます。

柚子湯に浸かりながら「一陽来復」と唱えると、さらに
幸せになれると言われていますよ。

※肌に刺激があるので、肌のデリケートな方は気をつけてください。

まとめ

冬至の風習についてまとめてみましたが、
これ以外にもこんにゃくや小豆粥、豆腐を食べるという
地域もあるようです。

最近はクリスマスに押され気味の冬至の日ですが、
これを機に、復活の運気をいただきながら、
今年一年の締めくくりにしたいものですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする