初詣 行く前に知っておきたい正しいお参りの仕方とマナー

神社

新しい年が明けて初めのイベントといえば初詣

普段は神社やお寺に縁がなくても、初詣は毎年必ず
行くという方も多いのではないでしょうか。

しかし、正しい参拝の仕方って意外とわからなかったり
しませんか?

今日は初詣の参拝の作法マナーについてまとめてみました。

初詣のお参りの心構え

初詣は、1年の初めに神様にお祈りをする大切な行事。
神様に失礼のないように、気を引き締めてお参りしましょう^^

・初詣の服装は?
正装とまではいかなくても、カジュアルすぎる服、
シワのよった服、シミのついた服を着て行くのは神様に失礼です。

清らかな気持ちでお参りするためにも、清潔感のある服装
心がけましょう。

・初詣の期間は?時間帯は?
初詣は「松の内」と呼ばれる期間に済ませるのが一般的です。
地域によって松の内の期間は異なりますが、
関東では1月7日までを指し、関西では1月15日までのことを
指すことが多いようです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
>>>初詣の期間は?いつまでに行けばいい?喪中の場合はどうするの?

お参りをするのに最適な時間帯ですが、
初詣自体には時間の決まりはありません。
大勢の人で混雑する時間帯を避けたいのであれば、
朝早めにお参りするといいでしょう。


・鳥居をくぐるときは?

鳥居は参拝者のケガレを祓うもの、といわれています。
お参りする際は、神社の一番外側にある「一の鳥居」から
順に鳥居をくぐって、参道に入りましょう。
鳥居をくぐる前には、軽く一礼をします。帰路に着くまでは、
本殿の神様にお尻を向けないこともポイントです。

手水舎の正しい作法とは?

参道の脇にある手水舎(ちょうずや)
参拝をする前に、身を清めておく場所です。その正しい手順を
覚えておきましょう。

①柄杓(ひしゃく)に水をくみ、左手を洗います。

②柄杓を持ち替えて、右手を洗います。

③右手で柄杓を持ち、左手で水を受けて、口を軽くゆすぎます。

④最後に、柄杓を縦にして水を流し、持ち手の部分を洗います。
洗い終わったら、元の場所に柄杓を伏せて戻します。

【注意するポイント】
水をくむのは最初の1回だけなので、使い過ぎに注意しましょう。
また口をゆすぐときに、柄杓に直接口をつけるのはマナー違反なので、
必ず水を手に受けてから、口をゆすぎましょう。

おさえておきたい参拝の作法

初詣のときに困ってしまうのが、参拝の時の「礼と拍手」では
ないでしょうか。

●神社では「二礼二拍手一礼」が基本ですので、ぜひおさえて
おきましょう。

①拝殿の正面で軽く会釈をします。

②礼をしたら、綱を揺らして鈴を数回鳴らします。

③お賽銭を静かに投げ入れます。

④2回頭を下げてお辞儀をし、神様への敬意を表します。(二礼)

⑤手の平を合わせ、右手を少し下にずらして2回拍手をします。(二拍手)
ここでお祈りをします。

⑥最後に1回頭を下げて、右足から後ずさりして拝殿を後にしたら
終了です。(一礼)

●お寺では「一礼」が基本です。

①軽く会釈をします。

②礼をしたら、綱を揺らして鈴を数回鳴らします。

③お賽銭を静かに投げ入れます。

④胸の高さで合掌して、お祈りします。

⑤最後に1回頭を下げます。(一礼)

【参拝の際のまめ知識】
鈴の音には、邪気を払うという意味があるので、きちんと
音を鳴らしましょう。

またお賽銭を投げることで、心のもやを祓うという意味があります。

お寺では、神社のように拍手をするのは失礼にあたるので
注意しましょう。

神社やお寺によって参拝方法が異なる例もありますので、
そのときは、その旨の表示に従いましょう。

参拝の際のNGマナーとは?

「二礼二拍手一礼」より前に、大切なのは参拝する際の姿勢。
ここでは知らないと恥をかく、参拝するときに注意したい点を
まとめました。

・大声でしゃべりながら

・たばこを吸いながら

・飲食をしながら

・帽子やサングラスを着用したまま

・露出が激しい服装

これらはすべて神様に対して不敬にあたりますので、気を
つけましょう。

また「参道の真ん中を歩くことはNG」とされていますが、
初詣などの混雑時は、それほど気にする必要はないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎年出かける初詣ですから、正しい作法やマナーを覚えて
おきたいものですね。

新たな一年の目標を神様に誓い、その達成を見守っていただく
ことをお願いすれば、願い事も叶いやすくなるかもしれません。

昨年一年の無事に感謝し、新しい一年も素晴らしい年に
なりますように^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする