除夜の鐘の煩悩はなぜ108つなの?鐘をつく時間帯は決まってる?

除夜の鐘

いよいよ新年を迎えるという大晦日の夜に響く除夜の鐘

年越しそばを食べて、お寺から鐘の音が聞こえ始めると
いよいよ今年も終わりなのだと実感しますね。

一年の締めくくりに欠かせない除夜の鐘ですが、
なぜ大晦日に108回もつくのでしょうか?

除夜の鐘を108回鐘をつく理由と、鐘をつく時間帯を
まとめました。

除夜の鐘の意味や由来は?なぜ108回つくの?

「除夜」とは大晦日の夜のこと。

年の夜ともいわれ、この大晦日の夜に各地のお寺で鐘を鳴らす行事が
「除夜の鐘」です。

仏教では人間には108つの煩悩があり、それを祓うために108回
鐘をつくといわれています。

煩悩とは、欲望・怒り・執着など人の心を惑わせたり、悩ませ、苦しめたり
する心の働きのこと。

仏教ではこの煩悩を祓うことにより解脱し、悟りを開くことができる
とされています。

また108という数字は、四苦八苦が由来になっているという説もあります。

しく⇒4×9、はっく⇒8×9 で、合計すると108になるためです。

除夜の鐘をつく時間帯は?

108回の除夜の鐘ですが、鐘をつく時間帯は具体的に決まっているの
でしょうか?

実は、除夜の鐘はお寺ごとにつき始める時間が異なります。

108回を年内につき終わるお寺もあれば、年が明ける前に107回つき、
年が明けてから108回目をつくお寺があるためです。

たいていのお寺は大晦日の夜11時半ごろから45分にかけて
つき始めるようです。

ただし、108回にこだわらず参拝客全員に鐘をつかせてくれるお寺も
なかにはありますので、よければお近くのお寺を調べてみてくださいね^^

どうして大晦日に108回もつくの?

108回も鐘をつかなければいけないのに、なぜ慌ただしい大晦日に
この行事を行うのでしょうか?

本来、仏教では日頃から厳しい修行を積むことによって煩悩を取り除き、
解脱して悟りを開くことができるとされています。

しかし除夜の鐘には、厳しい修行を積んでいない私たちの煩悩をも
祓う力がある、とされています。

このため普通の日ではなく、一年の最後である除夜(大晦日の夜)に
鐘をうつといわれています。

まとめ

静かな夜に響き渡る除夜の鐘。

コタツで温もりながら鐘の音を聞くのもいいですが、自分で鐘をついて
新年を迎えるのも素敵ですよね。

清らかな気持ちで、よい新年を迎えられますように^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする