牛ステーキ肉を柔らかく焼く方法 65℃焼きの極意をご紹介

フライパン
ちょっと奮発して、ステーキ肉を買ってきたのに、家でフライパンで焼いたら固くなってしまってガッカリ・・・

そんな経験はありませんか?

今朝の「あさイチ」で、美味しい牛ステーキ肉の焼き方を特集していたので、ご紹介いたします^^

美味しく焼くコツは65℃焼き!

お肉は、筋繊維をコラーゲンの膜が包んでいます。

焼くときの温度が上がりすぎてしまうと、コラーゲンの膜が縮んでしまい、中の肉汁が流れ出てしまいます。

このため、お肉が固くなってしまうんですね。

調理科学が専門の佐藤秀美さんは、

 「65℃焼き」をすると固くならず、家庭でもステーキ肉をジューシーに焼くことができると紹介していました。

65℃焼きのやり方と目安

①室温に戻すため、ステーキ肉を焼く30分前から冷蔵庫から出しておく。

②フライパンを熱し、油をひいてステーキ肉を焼き始める。

③ステーキ肉から肉汁がうっすら出てきたら、ひっくり返して裏面もしばらく焼く。

④同じように裏面からも肉汁がうっすら出るまで焼けばOK♪

⑤さらに、フライパンから降ろして5分ほど余熱で置いておくと良いそうです。

65℃焼きの目安は肉汁!お肉の表面に、肉汁が自然に浮かび上がってきたらOKです。

これだけで、温度をいちいち測りながら焼かなくてもいいから簡単ですよね^^

牛薄切り肉もフライパンで美味しく焼ける!

牛肉の薄切りは、フライパンで焼くとしばらくしたら固くなってしまうんですよね。

薄切り肉は火が通りやすく、お肉の中心温度が65℃を超えてしまうため、固くなってしまうのだそう。

そのため、薄切り肉を焼く場合は、タレにからめてから焼くことで、柔らかく焼くことができるんです。

佐藤さんが利用するのは「メイラード反応」というもので、アミノ酸と糖の濃度が濃いタレをつけて焼きます。

[焼き方]

①「お酢+しょうゆ+砂糖」のタレを薄切り肉にからめてフライパンで焼く

②約10秒でひっくり返し、裏面も焼けばOK。

これだけで、お肉が焦げることなく、柔らかく焼き上げることができるそうです。

まとめ

番組で紹介されていた焼き方は、とっても簡単で面倒な手間も必要ないので、我が家もさっそくやってみたいと思います。

安いステーキ肉でも、フライパンで柔らかく焼いて食べれるなんて嬉しい♪

家族が「美味しい~!」と喜んで食べてくれるといいですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする