ひな祭りの由来や起源 子どもにわかりやすく伝えるなら?

ひな祭り

3月3日は「桃の節句」、ひな祭り

ひな人形を飾り、ちらしずしやはまぐりの潮汁を食べて
女の子の健やかな成長と、幸せな縁組を願う行事です。

我が家でも、小さい頃から母がひな人形を飾ってくれていました。

でも、なぜ桃の節句にひな人形を飾るのでしょうか?

今日はひな祭りの由来や意味と、お子さんにわかりやすく説明
するにはどうすればいいかをまとめました。

ひな祭りの由来と起源は?

ひな祭りは、平安時代の貴族の女の子たちの人形遊びである
「雛遊び(ひいなあそび)」と、自分の災厄を人形に移して川に流す
「雛流し(ひなながし)」の風習が結びついたものが起源とされて
います。

現在でも、一部の地域では雛流しが行われています。

3月3日の「上巳(じょうし)の節句」に、人形を贈る風習が
見られるようになったのは室町時代。

そして江戸時代には、現在のようなひな人形を飾って、
女の子のお祝いをするようになりました。

なぜ上巳の節句が「桃の節句」と呼ばれるようになったのかというと、
旧暦の3月3日が、桃の花の咲く時期であることに由来すると
いわれています。

ひな人形には、親王飾り(一段飾り)から七段飾りまでさまざまな
タイプがありますが、何段飾りが正式、というルールはありません。

ひな祭りの由来を子どもにわかりやすく伝えるなら?

ひな人形には、本来「厄災から逃れるための身代わり」という
意味があります。

女の子の厄を受け継いだひな人形を飾り、邪気を祓う食べ物を食べて
健やかな成長を願う行事ですので、お子さんに聞かれたら、こんな風に
説明してあげてはどうでしょうか?

「ひな祭りってなに?どうして人形を飾るの?」

「○○ちゃんに悪いことが起こらないように、ひな人形さんが
身代わりになってくれるんだよ。」

「○○ちゃんが元気で大きくなるように、ひな人形を飾って
お祈りしようね^^」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ひな祭りには、子どもの成長を願う親の気持ちが込められて
いたのですね。

上記のように説明すると、保育園や幼稚園に通うお子さんでも
わかりやすいのではないでしょうか。

用意できるなら、邪気を祓うとされている桃の花も飾って、
家族でお祝いできるといいですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする