赤ちゃんの便秘対策 綿棒刺激は癖になる!?やり方とポイント

赤ちゃんとお母さん
生まれたての赤ちゃんは、1日に何度もウンチをします。

でも生後1ヵ月くらいの頃から、便秘になる赤ちゃんもいる
ようです。

我が家の長男は、生後1ヵ月になる前くらいから、毎日ウンチが
出なくなってしまいました。

2~3日様子を見ていましたが、お腹が苦しい様子はなく、
ぜんぜん平気な顔をしています^^;

こんなときにしてあげましょう、と助産師さんから教わったのが
綿棒浣腸です。

赤ちゃんが便秘になる原因と、綿棒浣腸のやり方について
まとめました。

どうして赤ちゃんが便秘になるの?

新生児の赤ちゃんは、少しずつ何回も便を出しますが、
1ヵ月頃になると、直腸までウンチが入って溜まってきてから
出すようになります。

また、消化する力もついてくるので、飲んだミルクやおっぱいを
無駄なく利用することができるようになります。

そのためカスになるものが少なく、ウンチが溜まって便意を
もよおすまでに何日かかかってしまう赤ちゃんもいるのです。

このほかに、オムツかぶれや切れ痔が痛くて、いきむのを
我慢してしまう赤ちゃんもいるようです。

こんなときは、こまめにオムツを取り替えてお尻を清潔に保つ
ことが大切です。

そしてお風呂上りなどに、ベビーローションやクリームでお尻を
たっぷりと保湿してあげましょう。

お尻が痛そうなときは、ウンチが出たらお尻拭きで拭かずに、
シャワーで洗い流すか、洗面器にぬるま湯を入れてお尻を優しく
洗ってあげましょう。

綿棒浣腸のやり方

おっぱいをたっぷり飲ませてみたり、お腹をさすって
マッサージしても赤ちゃんのウンチが出ないときは、
綿棒を使って赤ちゃんのお尻を刺激してあげましょう。

私は長男のウンチが出ない日が2日続いたら、綿棒浣腸を
やっていました。

<準備するもの>

・綿棒
・ベビーオイル
・オムツ替えシートやバスタオル

<綿棒浣腸のやり方>

①オムツ替えシートやバスタオルの上に赤ちゃんを寝かせます。

②綿棒の先にベビーオイルをたっぷりしみ込ませます。

③赤ちゃんの足を片手で押さえてМ字に開くようにしてあげ、
綿棒の先を静かに回しながら肛門に入れます。

④背中に向かって1~2㎝ほど入れて、「の」の字を書くように
何度か出し入れします。

<ポイント>
ベビーオイルがなければ、オリーブオイルやサラダ油でもOK。

④までやってみて、綿棒の先にウンチが少しつくようであれば、
ウンチが下がってきている証拠なので、もう少しで出るはずです。

これでウンチが出ないようであれば、まだ溜まっていないので
翌日まで待ちましょう。

綿棒浣腸をするタイミングですが、授乳やミルクの後にすると
腸の働きが活発になっているので効果的です。

赤ちゃんが泣いているとお腹に力が入って綿棒が入らないので、
お腹をさすってあげたり、お歌を歌いながらマッサージしてあげて
リラックスさせてあげてくださいね^^

綿棒浣腸は癖になるの?

赤ちゃんの便秘を解消するためにママが行う綿棒浣腸。
でも毎日やっているとそれが癖になって、赤ちゃんがウンチを
自分でできないようになってしまうのではないか、と不安に
思ってしまいますよね。

でもお尻を刺激して腸に溜まったウンチを出しやすくしている
だけなので、自然な排便と変わらないのだそう。

助産師さんにそう聞いて安心したので、私も長男のウンチがない日が
続いたら、綿棒でこちょこちょお尻を刺激してあげています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんの便秘を心配して初めて綿棒浣腸に挑戦されるママは
「可哀想、痛そう・・」と思ってしまうかもしれません。

(私がそうでした・・^^;)

でも我が家の長男はぜんぜん平気な顔をして、泣くことも
ありませんでした。

あんまり便秘の日が続くと、おっぱいを飲まなくなったり、
不機嫌が続くので、一度やってあげてみてくださいね。

それでもウンチが出ないようであれば、小児科の先生に
相談してみましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする