端午の節句 鎧兜を飾る意味は?飾る時期はいつからいつまで?

鯉のぼり
5月5日はこどもの日

端午(たんご)の節句でもあり、男の子のいるご家庭では
鎧兜鯉のぼりを飾って、みんなでお祝いをされるのでは
ないでしょうか^^

でも、なぜ端午の節句に鎧や兜を飾るのでしょうか?
また飾っておく時期に決まりはあるのでしょうか?

端午の節句に鎧兜を飾る意味や由来と、飾る時期について
まとめました。

鎧兜を飾る意味とは?

端午の節句の由来は、古代中国の風習にあるといわれています。

薬草である菖蒲やよもぎで門を飾ったり、菖蒲酒を飲んで病気や邪気を
払っていました。やがてこの風習が古代の日本にも伝えられ、端午の節句の
起源になったといわれています。

その後江戸時代に、武家社会において「菖蒲」が「武道を尊ぶこと」という
意味の「尚武(しょうぶ)」に通じることなどから、端午の節句に
鎧兜や武者人形(五月人形)を飾り、家紋の入ったのぼり(旗)を立てて、
跡継ぎである男の子のすこやかな成長を願う風習がはじまりました。

この風習が庶民の間に広まる中で、鯉のぼりが生まれ、現在の端午の節句の
祝い方になっていきました。

鎧兜を飾る時期としまう時期は?

3月3日のひな祭りに飾るお雛様は、しまう時期が遅れると
「嫁入りが遅れる」といわれていますが、鎧兜を飾っておく時期も
決まっているのでしょうか?

お彼岸を過ぎたら、鎧兜を飾ってもよいとされています。
春のお彼岸について詳しくはこちら 
目安としては春分の日です。
節句のお祝いをして、片付ける時期は5月中旬ぐらいまでがよいでしょう。
これを過ぎてしまうと梅雨に入ってしまいますので、それまでの
乾燥した天気の良い日にしまうとよいでしょう。

次男や三男はお下がりでいいの?

男の子が続けて産まれると、鎧兜一体でお祝いをできるのでは?
と思ってしまいますよね。

ですが、鎧兜や鯉のぼりは男の子一人ひとりのためにそろえるものなので、
次男や三男は長男のお下がりでお祝いする、といったことは避けた方が
よいでしょう。

たとえば、長男に鎧兜を買った場合は、次男には鯉のぼり、三男には
武者人形(五月人形)をというように。それぞれに買ってお祝いを
してあげましょう。

ただし、地方の風習や考え方によっても変わってくるので、迷うときは
おじいちゃんおばあちゃんに相談されるといいと思います^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お子さんの初節句であると、いろいろと迷われることが多いかも
しれません。

鎧兜やひな人形は赤ちゃんたちの身代わりになって災厄を受ける、とも
いわれています。

魔よけの行事でもあるので、毎年飾って家族みんなでお祝いしたいですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする