折り紙で手作りこいのぼり 簡単な折り方で子どもと一緒に楽しもう

koinobori
5月5日は「こどもの日」

端午の節句ともいわれ鎧やかぶとを飾り、こいのぼりを立てて男の子の成長や出世を願ってお祝いをする1日です。

こいのぼりは折り紙で簡単に作れるので、ぜひお子さんと一緒に作ってみましょう。

 

折り紙で作るこいのぼりの折り方

1
①まず縦横半分に折って、折り目をつけておきます。

2
②左はしから半分に折ります。

3
③折れたら裏返します。

4
④真ん中の線に合わせて上下から折ります。

5
⑤折るとこうなります。

6
⑥折り目をつけたら戻します。

7
⑦画像のように折ります。

8
⑧⑥でつけた折り目のところで折ります。

9
⑨折るとこうなります。

10
⑩上の白い部分に下を折りこんでさしこみます。

11
⑪さしこめたら裏返します。

12
⑫これで完成です。目や模様を書いてあげましょう^^

真鯉(お父さん鯉)は黒色、緋鯉(お母さん鯉)は赤色、子鯉は青や緑、紫、オレンジ色なのでぜひ作ってみてくださいね。

割りばしやストローに後ろからセロハンテープで貼れば、立てて飾れるこいのぼりのできあがりです。

こいのぼりを飾る意味や由来とは?

こいのぼりを飾る風習は江戸時代に始まったもの。
神様に男の子の誕生を知らせ、「この子を守ってください」とお願いするための目印でした。

当初は真鯉だけを空に泳がせていましたが、明治時代に入ると緋鯉が立てられ、昭和になると子どもの数だけ子鯉を立てるようになりました。

鯉というのは出世の象徴です。「登竜門」という言葉は、鯉が滝を登り切って竜になったという故事から生まれたんですよ^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

折り紙でお子さんと一緒に折りながら、こいのぼりを飾る理由をわかりやすく説明してあげると、より楽しめるのではないでしょうか。

風に揺れるこいのぼりもきれいですが、手作りすると家族みんなで楽しめます。

ぜひ作ってみて下さいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする