キッズプラザ大阪へ子どもと一緒に遊びに行ってきました

11
キッズプラザ大阪は、遊びや体験を通じて子どもが学べる児童館。

身体を動かしながら、科学や文化にふれて楽しく学んだり、お仕事体験ができる大型の施設です。

春休み最後の日曜日に、娘を連れて遊びに行ってきました^^

遊んできた感想や混雑情報などをご紹介します。

 

キッズプラザ大阪はこんなところ!

13
関西テレビのビルに入っているキッズプラザ大阪。地下鉄扇町駅を降りて2号出口を上がればすぐ。

12
「遊んで学べるこどものための博物館」というだけあって、館内にはさまざまな仕掛けが施されています。

14
チケット売り場でチケットを購入して、いざ遊びに^^

15
1階の入口を入るとすぐに、大きな「ボールサーカス」がお出迎え。このあとエレベーターで5階へ上がり、上から順番に遊びます。

●キッズプラザ大阪おでかけ情報
開館時間:9時30分~17時まで(土日・祝日は19時まで)
休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、ほかに臨時休館あり
所在地 :大阪市北区扇町2-1-7
問い合せ:06-6311-6601
アクセス:地下鉄堺筋線扇町駅下車、2番出口よりすぐ。またはJR環状線天満駅より西へ約5分

キッズプラザ大阪の入園料は?割引する方法も!

●キッズプラザ大阪の入園料金
大人     1,400円
小・中学生   800円
幼児(3歳以上) 500円

0歳~2歳までは無料、65歳以上の方は700円(年齢が証明できるものが必要)です。

また、何度も遊びに行くならパスポートの購入もアリです。

●6ヵ月パスポート料金
大人      4,700円
小・中学生   2,700円
幼児(3歳以上)1,700円

●1年パスポート料金
大人      8,700円
小・中学生   4,700円
幼児(3歳以上)2,700円

この4月から入園料が200円値上がりしました^^;

地下鉄で行かれる方は、1日乗車券のエンジョイエコカードを購入すると、入館料が割引になるのでお得です。また、イズミヤカードやイオンカードを提示しても入館料が割引になります。
どちらの場合も、自動券売機ではなくカウンターで提示してチケットを購入してくださいね。

キッズプラザ大阪の駐車場は?

キッズプラザ大阪の建物の地下には駐車場があります。
約160台収容可能で、1日最大料金は2,000円です。(30分ごとに150円)
もしかしたら、周辺には探すともう少し料金の安い駐車場があるかもしれません。

キッズプラザ大阪の館内の様子

16
4階・5階はこどもの街。

17
塔のようになっていて、橋を渡ったり、壁を登ることもできます。
室内と思えないほど大きく、まるで迷路のようです。娘はここを走り回るだけでも楽しそうでした^^

18
大きなすべり台のチューブスライダー。身長制限があって100㎝以上でないと滑れません。

19
館内にはおもしろい展示物もいっぱい。

20
身体を使って遊べる仕掛けがたくさんあります。

21
民族衣装を実際に着れたり、楽器やジオラマで世界の文化にふれることも。

22
娘がとっても気に入っていたキッズマート。

23
店員さんになりきって「ピッ!ピッ!」とレジで商品を通すのが、すごくおもしろかったようです^^

24
ライブラリーは靴を脱いで絵本を読めるスペースです。この横にあるピーカーブーには、授乳室と離乳食スペースもありました。

25
パーティーキッチンでは参加料を支払うとお料理やお菓子を作る体験ができます。この日はキラキラゼリーを作っていました。

26
いろんなお仕事体験ができるキッズストリート。キッズ郵便センターでは制服を着ることもできました。

キッズプラザ大阪の混雑情報

キッズプラザ大阪には1月に1度遊びに行ったのですが、今回は同じ日曜日だったにもかかわらず、かなり混雑していました。
やはり春休み期間中だったことと、お天気が悪かったためだと思います。

27
人気のシャボン玉あそびのコーナーも人でいっぱい^^;

28
お弁当を食べられる多目的ルームも満席状態で座れない・・。

屋内施設のため天候や季節に関係なく遊べるので、雨の日は特に混雑します。
待ち時間が長くなるので、ゆっくり遊びたい場合は平日の朝一からお昼の時間帯が空いているのでおすすめです。

まとめ

館内は広く、1日いても遊べるキッズプラザ大阪。

乳幼児のためのプレイルーム、ピーカーブーや授乳室があるので、赤ちゃんから小学生くらいのお子さんまで安心して遊べるのが嬉しいですね。

今回はお弁当を持って遊びに行きましたが、天神橋筋商店街でお昼ご飯を食べて、また再入場するのもいいかもしれません。

近くには扇町公園もあるので、天気のいい日に遊びに行こうと思います^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする