お盆の新幹線の混雑予想2022年混雑ピークは?指定席予約と自由席は?

新幹線
いよいよ夏本番。

8月のお盆休みには休暇を利用して帰省されたり、旅行やお出かけに行かれる方も多いですね。

移動で新幹線を利用するときに、心配になるのが新幹線の混雑具合

指定席の予約があらかじめ取れなければ、自由席の切符しか買えず、ずっと立ちっぱなしという場合も・・。

そこで2022年のお盆休み期間中の新幹線の混雑状況と、指定席・自由席についてまとめました。

スポンサードリンク

2022年のお盆休みはいつからいつまで?

2022年(令和4年)のお盆休み期間は、8月13日(土)から16日(火)までの4連休ですが、

土日と祝日をはさむのと、山の日の祝日があるため、8月11日(木・祝)~16日(火)の6連休という企業が多いようです。

祝日と土日の休みが繋がると、例年より少し長いお盆休みになりますね。

(2016年から8月11日に「山の日」という祝日が加わったため、お盆の渋滞のポイントとなっています。)

ただ例年よりお休みが長い分、遠出される方も多くなるでしょう。

このため、新幹線の混雑はGW同様に分散される見込みですが、8月11日(木・祝)から8月16日(火)の夜まで混雑することが予想されます。

お盆期間中の混雑のピークはいつ?

お盆休み期間中は例年混雑する新幹線ですが、その中でも混雑がピークを迎えるのは、

下り:8月11日(木・祝)・12日(金)・13日(土)・・帰省ラッシュ

上り:8月14日(日)・15日(月)・・Uターンラッシュ

となることが予想されます。

最終日の8月16日(火)もある程度の混雑があるでしょう。

注意)今年のお盆休みは長く、お出かけも期間中の前半・後半で別れる傾向にあります。

前半・後半の天候などで、混雑状況もかなり影響を受けることが予想されます。

このため混雑を避けたいのであれば、お出かけの予定を前後1日ずらすなど予定の調整をするのがおすすめです。

スポンサードリンク

新幹線の乗車ピークを迎える時間帯としては、午前中から夕方にかけてが特に混雑しますが、夕方から夜遅くの便でも利用者が多く、例年混雑は夜遅くまで続いています。

新幹線の指定席の予約は?

お盆休みは期間中は、年末年始と並んで新幹線も大変混雑し、例年乗車率が150%なんてことも珍しくありません。

ちなみに今年2022年のGWは、新幹線のピーク時の乗車率は130%ほどでした。

自由席を利用する場合は、座ることはできず、立ちっぱなしを覚悟しておいた方がよさそうです。

このため、お盆休みに出かけたり帰省する予定が決まっているなら、早めに指定席の予約を取っておきましょう!

指定席の予約は乗車日の1ヵ月前から取ることができます。

1ヵ月前を過ぎても座席が空いている場合もありますので、JRサイバーステーション(空席案内)で最新の指定席予約状況をチェックしてみてくださいね^^

また、指定席の予約はみどりの窓口でもできますが、混雑するのでネット予約が便利です。

東日本 → えきねっと

西日本 → おでかけネット

早めに予約しておけば、割引が利用できて少しお得になるかもしれませんよ^^

自由席でも座って帰るには?

お盆休み期間中に急に予定が入ってしまったり、満席で指定席の切符が取れない場合も多いと思います。

そんなときは、乗りたい新幹線の始発駅で出発の1時間ほど前から並んでおくと、自由席でも座れる確率がアップします。

また、偶数車両を狙うのもおすすめです。これは1号車には運転席、3号車にはトイレがあり、座席数が少なくなるためです。

さいごに

お盆休みは、会社員の方にとって待ちに待った夏休みではないでしょうか。

帰省や旅行など、ご家族や友人とお出かけの予定を立てられている方も多いと思います。

貴重なお休みですので、目的地までスムーズに移動できるよう、スケジュール調整に混雑予想を役立てていただければ幸いです。

楽しいお休みになりますように^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする