大阪天神祭奉納花火2016の日程と時間は?打ち上げ場所と見所も!

花火
天神祭奉納花火は天神祭のフィナーレを飾る一大イベント。
大阪の真ん中で楽しめる貴重な花火です。

日本三大祭りの一つでもあり毎年多くの見物客でにぎわう天神祭奉納花火ですので、花火の打ち上げが行われる時間や場所をしっかり押さえておきたいですね^^

今日は天神祭奉納花火の2016年の日程や時間、そして見所と混雑情報をご紹介します。

天神祭奉納花火2016の日程と時間は?

大阪天神祭が開催されるのは夏真っ盛りの時期。
炎天下の下で陸渡御や船渡御などの神事が行われ、みな汗だくになってお神輿を担ぎます。

そんな天神祭の開催日程はこちら。

●宵宮 7月24日(日)

●本宮 7月25日(月)

天神祭奉納花火は、本宮の夜に神賑行事の締めくくりとして開催されます。

●日時 7月25日(月)

●時間 19時30分ごろ~20時50分頃

●会場 大阪市北区天満一丁目 毛馬桜ノ宮公園~川崎公園~大川一帯

●料金 無料

●玉数 約4,000~5,000発

●電話 問合せ先大阪天満宮 06-6353-0025

天神祭奉納花火の見所は?

天神祭で打ち上げられる花火は、神様にお供えするための奉納花火です。

神様をお乗せした御鳳輦奉安船(ごほうれんほうあんせん)が、大川を通るのに合わせて打ち上げられます。

規模や華やかさを競うためのものではありませんので、ほかの花火花火大会に比べると打ち上げ玉数が4~5千発前後と少なく感じられるかもしれません。

ですが、都会の真ん中でこんなに至近距離で花火を楽しめるのはとても貴重な機会^^

大阪天満宮オリジナルの紅梅花火や仕掛け花火、スターマインなどさまざまな趣向を凝らしたダイナミックな花火を見ることができます。

そして川面に船渡御のかがり火と提灯の灯りが無数に浮かび、空には大輪の花火が打ち上げられる様子は天神祭奉納花火の最大の見所。

「火と水の祭典」と呼ばれるのにふさわしい絶景を見ることができますよ^^

天神祭奉納花火の打ち上げ場所はどこ?

天神祭奉納花火は、大阪市北区を囲む大川沿いの右岸と左岸の二ヵ所から打ち上げられます。

場所は、毛馬桜ノ宮公園北側と川崎公園です。

毛馬桜ノ宮公園は有料観覧席から近く、打ち上げ花火も間近で楽しむことができます。

川崎公園は造幣局の近くにある公園で、水上花火を間近で楽しみたいならこちらの周辺がおすすめです。

打ち上げ会場が桜宮橋(銀橋)を挟んで2ヵ所に分かれるので、どの方向から花火を観たいか事前に考えておくとアクセスも便利ですね。

天神祭奉納花火の混雑情報は?

天神祭奉納花火には、例年130万人もの見物客が訪れます。

そのため、打ち上げ場所周辺はかなり混雑しているので、覚悟しておいた方がよいでしょう^^;

事故防止のためレジャーシートなどを使用しての場所取りを禁止しているところも多く、観覧場所を確保するためには早めに現地入りしておくのが無難です。

また源八橋や桜宮橋など大川に架かる橋は交通規制がかかり、夕方以降は進むのも困難なほど混み合いますので、買い出しやトイレなどは事前に済ませておきましょう。

小さなお子さんをお連れの方は、迷子にも気をつけてくださいね。

まとめ

大阪人が心待ちにしている天神祭奉納花火。
ですが、当日荒天の場合は中止され延期されることはありません。

花火の途中で雨が降り出しても小雨程度なら続行されると思いますが、台風などの場合は振替がないので、当日は晴天であることを祈りたいですね^^

>>>天神祭の屋台の営業時間とおすすめはこちら♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする