吉野山のお花見 桜の見頃は?アクセスと駐車場情報も!

吉野桜
古くから山桜の名所として愛されてきた吉野山
日本を代表する桜の美景は、一度でいいから訪れてみたいものですね。

しかし、吉野山は例年桜の時期になると、全国から約30万人もの花見客が訪れて賑わいます。

特に桜が満開の時期になると、周辺の道路が混雑して大渋滞が巻き起こるほど。

電車バスを利用して出かけるほかに、で行くにはどうすればいいのでしょうか?

吉野山の桜の見頃と、交通アクセスや駐車場情報をまとめました。

吉野山の桜の見頃はいつ?

吉野山には、白山桜(しろやまざくら)を中心に200種類、約3万本の桜が密集しています。

例年4月上旬頃から、山下から山上へと順番に開花していきます。
ですので、桜は4月上旬~下旬にかけて見頃となるでしょう。

●吉野山お花見データ●

見頃:・・・・4月上旬~下旬
売店:・・・・あり
トイレ:・・・あり
開園時間:・・24時間開放
ライトアップ:あり (4月上旬~下旬開催予定)
料金:・・・・無料
所在地:・・・奈良県吉野郡吉野町吉野山
問合せ:・・・吉野山観光協会 TEL0746-32-1007 

※桜の見頃やライトアップの開催情報は気象条件などによって
前後する場合があります。

吉野山の桜の見どころは?

吉野山の見どころは、なんといっても山一面に広がる桜

“一目に千本見える豪華さ”という意味で、「ひとめ千本」とも言われ、日本随一のスケールを誇ります。

吉野山ではエリアごとに呼び方が異なり、吉野神宮およびロープウェイの周辺を下千本、如意輪寺の付近を中千本、吉野水分神社の付近を上千本、さらに奥にある西行庵エリア一帯を奥千本と呼びます。

開花の時期になると、下→中→上→奥千本の順に桜が約1か月に渡って次々と咲き誇ります。

ピンクに染まる山々の大パノラマはまさに絶景。
標高差があるため、見頃の時期が長いのも吉野山の桜の特徴です。

吉野山の交通アクセスと駐車場は?

【電車の場合】

<下千本>
近鉄吉野線近鉄吉野駅からロープウェイ約3分 吉野山駅下車

<中千本>
近鉄吉野線近鉄吉野駅から臨時奈良交通バス約20分 中千本公園下車

【車の場合】

<大阪市内から行く場合>
阪神高速松原線~阪和自動車道を経由し、南阪奈道路葛城インターチェンジ直結の大和高田バイパスを明日香方面へ。小房交差点を右折し、国道169号線を吉野方面へ約17キロに案内板あり

<駐車場>

吉野山にはいくつか駐車場がありますが、一番大きいのが下千本駐車場です。(観桜期のみ有料/1500円)
車で吉野山へ出向く方の多くが、この下千本駐車場にに車を止めてお花見を楽しみますが、観桜期は大混雑します。

周辺の道路も交通規制が実施されて渋滞になりますが、混雑を覚悟した上で車で出かけるなら、郊外駐車場を利用するのがおすすめです。期間限定で観桜期だけ利用できる郊外駐車場(1日/1500円)ですが、期間中は中千本公園および下千本駐車場へのシャトルバスが運行されます。

朝早く出発し、午前8時~9時頃までに郊外駐車場に到着しておけば、比較的ゆっくりお花見が楽しめるでしょう。
このほか、如意輪寺駐車場(参拝者用)も例年比較的空いているようです。

吉野山の周辺に授乳室はある?

赤ちゃんのいるママがお出かけで気になるのが授乳室ですよね。吉野山では授乳室が1か所あります。

近鉄吉野線の吉野神宮駅の近くに「吉野サロン」という阪口製材所のモデルルームがあります。
観桜期のみですが授乳室として利用できるで、赤ちゃんが一緒でも安心して出かけられますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本を代表するお花見スポットだけあって、多くの人で賑わう吉野山ですが、朝早く出発して現地での移動をうまくすれば、車でもアクセスは十分可能です。

山上にはご当地グルメや日帰り温泉など桜を楽しめるスポットが盛りだくさんなので、ぜひ満喫してくださいね。

素敵なお花見になりますように^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする