京都 平安神宮でお花見 桜の見頃とライトアップは?混雑・穴場情報も

夜桜
平安遷都1100年を記念して、明治28年に創建された平安神宮

京都の桜の名所としても有名で、朱色の大極殿とピンクの桜の
コントラストを見に、毎年大勢の花見客でにぎわいます。

桜が満開の時期になると、ライトアップコンサート
開催されますよ。

平安神宮の桜の見頃やライトアップの時期と、混雑情報について
まとめました。

平安神宮の桜の見頃は?

平安神宮神苑にはソメイヨシノ、シダレザクラなど約20種
約300本の桜が植えられています。3月下旬にヤマザクラが咲き始め、
4月上旬にソメイヨシノが咲き、4月上旬~下旬にかけて遅咲きの
紅しだれ桜が見頃を迎えます。

●お花見データ●
開花時期:3月下旬
見頃  :4月上旬~4月中旬
料金  :神苑拝観料 大人600円・小人300円
時間  :6時~18時 神苑は8時半~17時半(18時閉苑)
所在地 :京都府京都市左京区岡崎西天王町97
アクセス:地下鉄東山駅から北へ徒歩10分
駐車場 :あり/500台
問合わせ:075-761-0221

ライトアップの日程は?

平安神宮では東神苑と南神苑の紅しだれ桜が、期間限定でライトアップ
されます。また「平安神宮紅しだれコンサート2015」も開催されます。
コンサート会場には客席がなく、神苑内で音楽を聴きながらゆっくり
夜桜を眺めることができます。

日程:2015年4月9日(木)~12日(日)

時間:演奏1回目18:40~19:20
   演奏2回目19:50~20:30

料金:コンサート入場料 2,000円

平安神宮の混雑状況は?穴場スポットはある?

桜のシーズン中は例年20万人以上花見客で混雑する平安神宮。
敷地が広いために、動けないほど混雑することはありません。

神苑も混み合いますが、南神苑は通路が入り組んでいるため、
比較的空いてる場所を探しやすく穴場のポイントです。

神苑の中でも最も桜が密集して咲いており、風景もとても美しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

早咲きのヤマザクラから遅咲きの紅しだれ桜まで、見頃の期間が長い
平安神宮の桜。

平日や朝早くに出掛けると、混雑を避けてゆっくり眺めることが
できるかもしれません。

桜が美しい神苑で、ぜひ春を満喫してくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする