七五三の意味や由来と正しい作法とは?参拝する時期はいつなの?

sitigosan

わが子の健やかな成長を祝う七五三

晴れ着を着せてお参りするイメージはあるけど、
細かい作法や内容は、実際どうしたらいいの?と
わからない人も多いのではないでしょうか。

今日は七五三の由来や正しい作法をまとめてみました。

意外と知らない七五三の意味や由来とは?

七五三とは、
子どもの年齢が3歳、5歳、7歳になった年の11月15日に、
地域の氏神様を祀る神社を参拝し、子どもの健やかな成長を
願う行事です。

晴れ着に身を包み、お参りをした後、縁起物のお菓子である
千歳飴を買って帰る、という流れが一般的ですね。

これは元々、平安・鎌倉時代から行われてきた風習が
元になっています。

3歳・・・男女が生まれてから短く刈っていた髪を
      初めて伸ばす『髪置(かみおき)』の儀式

5歳・・・男女が初めて袴を身に着ける『袴着(はかまぎ)』
      の儀式

7歳・・・女の子が初めて着物の付け紐を取り、帯を着ける
      『紐落(ひもおとし)』の儀。
      『帯解(おびとき)』とも言います。

現代でも3歳、5歳、7歳はそれぞれ、
言葉を解し・知恵が付き・歯が生え替わるといった、
心身ともに大切な成長過程といえます。

そのため、これらの時期を無事に過ごせるようにと
家族そろって氏神様にお祈りをするという、日本古来より
行われてきた人生儀礼の一つなんですね。

七五三の正しい作法とは?

<ポイント1>
参拝する時期はいつ?

七五三は主に11月15日に行われる行事です。

最近では、親の仕事の都合などもあって、10月中旬から
11月前半の吉日や、土日祝日などを利用してお参りすると
よいでしょう。

11月15日を過ぎてからでも、都合のつく日に行く家族や、
あえて時期を外して11月後半にお参りする、というのも
珍しくありません。

11月15日や、その前後の土日祝日は特に神社が混み合うので、
上手に日程を組む必要がありますね。

<ポイント2>
どの神社に行けばいいの?

七五三は、氏神様を祀る神社で祈祷を受けるのが正式ですが、
子どもが生まれた土地の神社や、お宮参りをした神社、または
有名な由緒ある神社やお寺でもいいでしょう。

<ポイント3>
両親の服装はどうすればいい?

子どもが主役なので、両親の服装は控えめなものを選びましょう。
母親が和装の場合は、普段から着慣れていることが基本です。
洋装なら、ワンピースやスーツなどにしましょう。
父親の服装はダークスーツが無難です。祖父はスーツ、祖母は
セミフォーマルのドレスかスーツ、着物などがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

昔は乳児の死亡率が高く、子どもを七五三の年齢まで育てることが
とても困難だったのですね。

そのため節目の年齢で、今まで無事に育ってきたことへの感謝と
これからの将来を願うようになったのが七五三の由来となった
ようです。

現代では医療技術も発達し、乳幼児の死亡率も低くなりましたが、
子どもの成長を喜び、健康と長寿を願う親の気持ちは変わりません。

子どもの写真にばかり集中してしまいがちですが、感謝の気持ちを
忘れずにお参りしたいものですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする