グリルで簡単おいしい焼き芋の作り方 目指せ焼き芋屋さんの石焼き芋!

焼き芋

寒い日にほくほくの焼き芋を食べると、とっても
おいしいですよね。

「いしや~きいも~」と聞こえてくる焼き芋屋さんの声は
おいしい焼き芋と温かさを運んできてくれます。

でも焼き芋屋さんで買うと、1本300~400円ほど
するので、けっこう高いんですよね。

自宅で簡単に焼き芋が作れたらうれしいな。

そんなときには、魚焼きグリルで作る焼き芋が
おすすめです。

我が家の娘も大好きな、焼き芋の作り方をまとめました。

焼き芋屋さんの石焼き芋がおいしい理由とは?

石焼き芋は、加熱によって適度に水分を蒸発させつつ、
さつまいものでんぷんが糖に変わりやすい65~75℃の温度で
じっくり焼かれていることで、甘みが強くなります。

また敷かれている石から出る遠赤外線効果で、
さつまいもの中までじっくり熱が浸透するため、
オーブンなどで焼くよりも、甘みが増すためです。

ポイントは、熱をじっくり通すことで、甘みが増すということ。

そのため、我が家ではいつも魚焼きグリルを使って
焼き芋を作っています。

自宅でおいしい焼き芋を作るには?

<用意するもの>
・新聞紙かキッチンペーパー
・アルミホイル

①さつまいもをよく洗います。

②さつまいもを新聞紙で包み、水で濡らします。

③新聞紙に包んだまま、アルミホイルに包みます。

④魚焼きグリルで焼きます。

弱めの中火くらいで15分~20分焼き、ひっくり返して
再度同じ時間で焼きます。

⑤竹串を刺して、スッと通れば完成です。

<おいしく焼くコツ>

アルミホイルで包むことで、熱伝導率が良くなります。

焼き時間はグリルの機種や、さつまいもの大きさで異なるので
様子を見ながら加熱してください。

レンジでチンして作るよりも、断然おいしくできますよ^^

魚焼きグリルがない場合は・・

オーブンでじっくり焼くことで甘くなります。

<用意するもの>
・新聞紙かキッチンペーパー
・アルミホイル

①さつまいもをよく洗います。

②さつまいもを新聞紙で包み、水で濡らします。

③新聞紙に包んだまま、アルミホイルに包みます。

④オーブンで焼きます。

160℃で60分~90分焼き、30分オーブンの中で
放置します。

⑤竹串を刺して、スッと通れば完成です

<おいしく焼くコツ>

オーブンで焼くときに予熱は必要ありません。

高温で焼くと、外側だけ焼けて中まで火が通らないので、
低温でじっくりと焼きましょう。

焼きあがった後、オーブンの中で放置するとより甘みが
増します。

まとめ

さつまいもは丸ごと焼くことで、栄養分も逃さず
食べる事ができます。

繊維が豊富に含まれているのでお通じに良いと
よく聞きますが、実はビタミンCや葉酸もあるんです。

カロリーは高いですが(笑)、脂肪分がないので
おやつにもぴったりではないでしょうか。

焼き芋屋さんで買わなくても、自宅で手軽に
作ることができるので、ぜひご家庭で作ってみて
くださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする