アボカドを早く熟す方法は?熟成度の見分け方と簡単な切り方も!

アボカド
森のバターと呼ばれ、とっても栄養豊富なアボカド

濃厚な味わいでサラダやお刺身にしても、炒め物やパスタにしても合いますよね。

そんな美味しいアボカドですが、スーパーで売られているのはたいてい緑色でまだ硬いもの。

買ったばかりの、熟していないアボカドを早く食べたい!そんな時もありますよね。

そこで今日は、まだ熟れていないアボカドを早く熟す方法と、熟度の見分け方、そして覚えておくと便利な切り方についてご紹介します。

硬いアボカドを早く熟す方法とは?

買ってきたばかりの緑色のアボカド。

触るとまだ硬いけど、柔らかくして早く食べたいな。

そんな時におすすめなのが、りんごのエチレンガスを使う方法です。

ほとんどの野菜や果物が生長し、熟成していくときに放出するエチレンガス。

なかでもりんごは特にエチレンガスの放出量が多い果物です。

りんごと一緒に保存しておけば、アボカドの成長スピードが上がるので早く柔らかく熟してくれるんです。

やり方はとても簡単で、りんごとアボカドを一緒に紙袋かビニール袋に入れて密閉するだけでOK^^

これで1~2日でアボカドが柔らかくなります。まだ硬いアボカドを明日食べたいな、というときにおすすめの方法です^^

もしりんごがなければ、バナナでも代用できます。

アボカドと同じように、まだ硬いキウイフルーツでも同じように速く熟生させることができますよ。

アボカドが熟れていないのに切った時はどうする?

アボカドは完熟すると皮が緑色からこげ茶色になり、さわると柔らかさも出てきます。

もう食べ頃かな、と思って皮を剥いて切ったら、まだ熟し切っていなくて硬かった、なんて経験はありませんか。

そんなときに私がやっているアボカドの追熟方法が、電子レンジを使う方法です。

【やり方】

1.アボカドを切り、種を取ります。

2.変色を防ぐためにレモン汁をかけます。

3.使いたい量だけお皿に入れてラップをし、電子レンジで加熱します。
(私は弱ボタンで1分ずつ硬さを見て時間を調節します。)

これで簡単に手早く柔らかくなります^^

熟したアボカド特有のとろとろとした食感にはならないので、お刺身にするのはおすすめできませんが、サラダやマヨネーズ和え、クリームチーズ和えなどでしたら美味しくすぐ食べられますよ。

アボカドの熟成度の見分け方とは?

アボカドはまだ未熟なうちに収穫され、追熟させてから出荷されます。

熟度を見分けるポイントは、色と感触です。

1.アボカドの皮の色が全体的に黒く変色している。

2.手に持つと少し柔らかくやや弾力を感じる。

3.ヘタの部分が乾燥し、周りに少し隙間ができている。

4.底(丸い法)を指で押すと柔らかい。

この4つのポイントをクリアしていれば食べ頃です^^

皮が黒く変色していてもまだ硬いときがあるので、熟度の見極めには注意が必要ですね。

熟しすぎると果肉が黒っぽくなり崩れやすくなるので、食べ頃を迎えてから2~3日中には食べましょう。

アボカドを綺麗なスライスに切る方法は?

完熟したアボカドをさぁ食べよう!と包丁で切ってみるも上手くスライスにできず、スプーンで種をくり抜こうとしてしまった事はありませんか?

皮がでこぼこしていて真ん中に大きな種があるため、とても切りにくいアボカド。

こちらの動画で簡単な切り方が紹介されています。

【アボカドの切り方】

1.アボカドのヘタに垂直に包丁を差し込み、種に当てるように一周切りこみを入れます。

2.両手でひねるように回し、開きます。

3.包丁の手前の角の部分を種に付き刺し、種をひねるように取り出す。

4.大きめのスプーンで身をくり抜く、もしくは手で皮を剥く。

5.包丁でスライスする。

この方法で綺麗に皮を剥いて、スライスすることができます。

美味しいアボカドを無駄なく食べられますね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スーパーでは年中買うことができるアボカド。

栄養素も豊富なので、熟成させていろいろな食べ方を楽しみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする