年賀はがきも62円に値上げされたの?いつまで52円で出せるの?


そろそろ年賀状の準備をする時期ですね。

今年(2017年)の6月1日から郵便はがきの料金が改訂されました。

1通当たり52円から62円に変更され、10円の値上げになりました。

それなら年賀はがきも1通62円に値上げされたのか気になりますよね。

そこで今日は年賀はがきの料金についてご紹介します。

年賀はがきは62円に値上げされたの?

2017年の料金改定で、通常はがきが1通62円に変更されました。

(でも3年前の2014年に、消費税増税のため50円から52円に変更されたばかりでしたね)

今回(2017年)の料金改定では、通常はがきのほか、定形外郵便物(A4サイズが入る角形2号程度の大きさの封筒)を超えるものの料金が新たに設定されました。

しかし、年賀はがきの値上げは実施されませんでした。

官製はがきの場合でも、私製はがきの場合でも、今までと同じように今年も年賀はがきは52円で出すことができるのです。

年賀はがきをたくさん書かれる方ですと、100枚購入すると今までより1,000円高くなってしまうのでちょっと大きいですね^^;

でも油断は禁物です。

実は年賀はがきを52円で出せるのは期間限定で、すでに62円に値上げされることが決まっています。

次の項では年賀はがきの料金改定の時期についてご紹介します。

年賀はがき52円で出せるのはいつまで?

実は年賀はがきの料金に現在の52円が適用されるのは、2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)までとなっています。

つまり2018年1月7日までに年賀状を出すと1通につき52円で配達してもらえますが、2018年1月8日以降は1通につき62円の料金を支払う必要があるんです。

この1月7日という期限は、「松の内」が関係していると思われます。

松の内というのは、お正月に天から年神様が降りてきて家に滞在する期間。

地域によってこの松の内の期間は多少異なりますが、松の内を過ぎると年賀状ではなく寒中見舞いを出すのが一般的となっています。

2018年の年賀状は1月7日まで52円で出せますが、寒中見舞いは62円の配達料金がかかるので注意が必要ですね。

1月7日の夜に年賀はがきをポストに投函したらどうなるの?

年賀状は、2018年1月7日(日)までは1通52円で送ることができますね。

でも年賀状の返事を書くのが遅れてしまった場合や、お正月を過ぎて出し忘れに気づくということもあるかと思います。

1月7日の日曜日に大急ぎで年賀状を書き、夜中にポストに投函したら52円で届けてもらえるのか気になりますよね^^;

でも2018年1月8日の朝一番、その日最初の郵便物に収集までにポストに投函されていれば52円が適用されるそうです。

それ以降に投函されたものは年賀はがきでも62円がかかりますので、気をつけましょう!

郵便ポストの集荷時間を知りたい!という方は、〒MAPというサイトで検索してみてください。

ポストマップ>>>http://postmap.org/map

お近くのポストの収集時間がわかるかもしれません^^

料金改定以降に52円で年賀はがきを出したらどうなるの?

2018年1月8日(月)以降に年賀はがきを出す場合、1通当たり62円の配達料金がかかりますね。

52円で購入した年賀はがきを使用する場合、10円の切手を追加で貼らなければいけません。

郵便ポストなどにも大きく表示されるかと思いますが、料金改定を知らずに52円のまま郵便ポストに投函するとどうなってしまうのか気になりますよね^^;

実は郵便物が料金不足の場合、

・差出人に返送される(受取人には届かない)

・受取人に不足分が請求される(受取人に届く)

・受取人が不在または支払いを拒否した場合は差出人に返送される

という方法がとられます。

「料金が不足していますよ~」と自分に返送されるならまだしも、年始の挨拶状で10円といえども不足料金を受取人(出した相手)に支払ってもらうのは失礼ですよね。

2018年1月8日(月)以降に52円で年賀はがきを出す場合は、必ず10円切手を貼りましょう。

また52円の年賀はがきを62円の年賀はがきに交換する場合は、15円の料金がかかります。

これは年賀はがきの差額の10円と、1枚5円の交換手数料が必要なためです。

1月8日以降にたくさんの年賀はがきを出す場合でも、不足料金は現金で支払うことはできません。

52円で購入した年賀はがきや、52円切手を貼り付けた私製の年賀はがきを出す場合、追加分の切手を貼り付けるか、新しい年賀はがきに交換しなければいけませんので注意が必要ですね。

まとめ&関連記事リンク集

年賀はがきの料金改定についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

期間が定められているため注意が必要ですね。

年賀状を私製はがきで出す場合は、はがきの表面に赤色で「年賀」と表記しておかなければ通常のはがきと同じ扱いになってしまいますので気をつけてくださいね^^

●年賀状のマナーや文例などに関しては、以下の記事でもご紹介しています。

1.年賀状の賀詞の文例と意味!目上の人に送ってはいけないものは?

2.書き損じた年賀状は交換できる?いつまでならOK?去年のものは?

3.年賀状の一言メッセージ 友人へ送る場合の添え書き文例は?

4.年賀状の一言メッセージ 遠い親戚へ送る場合はどんな添え書きがいい?

5.年賀状の一言 上司へ手書きメッセージを書くなら?文例をご紹介♪

6.年賀状の一言文例で恩師や先生への添え書きは?ご無沙汰している場合の文例も!

少しでもお役に立てれば幸いです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする