幼稚園の入園願書どう書く?志望動機・園への希望の文例まとめました

教室

わが子を入園させたい幼稚園を決めてホッと一安心。

でも幼稚園の入園願書にある、「志望動機」「園への希望」ってどんなことを書いたらいいの?と迷ってしまいますよね。

願書の提出後に親子面接もあるので、変なことは書けないし・・

そんなママのために、今日は幼稚園の入園願書の書き方についてまとめてみました。

幼稚園を志望する理由について

まず迷ってしまうのが「志望動機」です。

なぜ、この幼稚園に決めたのかをわかりやすく書く必要があります。

説明会で聞いた教育方針がわが子に合っていると思った。
園庭が広く、子どもがのびのびと成長できると思った。

などあなたが個人的にその幼稚園に決めたポイントを書けばよいでしょう。

<文例>

・貴園の○○という教育方針に魅力を感じました。

・保育内容が子どもの性格に合っていると思いました。

・見学に訪れた際に、子どもが「ここでみんなと遊びたい」と強く希望しました。

・見学に訪れた際に、園児から「おはようございます」と挨拶をしてくれ、○○幼稚園に入園すれば、挨拶やマナーがしっかり身に付けられると感じました。

・母親が卒園した幼稚園であり、親としても安心して子どもをお預けできると思いました。

・見学に訪れた際、先生方の対応が丁寧で、とても好感を持ちました。

志望理由は、入園を希望する幼稚園の教育方針に沿ったものの方がよいでしょう。

ただし、ウソはよくありません。面接時の様子と食い違うと、印象が悪くなってしまうこともあります。

幼稚園への希望について

幼稚園によっては、入園してからの園に対する希望を書く必要があります。

このようなときは、特に知らせておきたいことがある場合に記載しておきましょう。

<例>

・身体的に気をつけてほしいこと

・性格上気をつけてほしいこと

・幼稚園での生活で心配な事

・普段からよく見る大きな癖など

食べ物や薬、動物に対するアレルギー症状であったり、家族の事情などもあれば、記載しておきましょう。

失敗しないために・・

願書は通常、1部しかもらえません。

どうしても心配な場合は、記入前にコピーを取っておき、下書きをしてから記入しましょう。

さらに複数の幼稚園へ願書を提出する場合、面接前に何を記入したか確認しておくために、願書記入後にもコピーを取っておきましょう。

ご両親での面接でしたら、パパも願書を読んでおくといいでしょう。

まとめ

初めての入園願書の記入や親子面接は、とても緊張するものです。

しかし、幼稚園は意地悪をして落とそうとしているのではなく、ご家庭の様子を知りたいと思っているだけなのです。

自分の言葉で誠実に伝えるだけで良いので、肩の力を抜いて臨みましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする