赤ちゃんの肌着についた黄ばみを落とす方法!時間が経ってもとれました♪

赤ちゃんが生まれて初めて着る、新生児用肌着。

2人目が生まれるので、上の子のものをもう一度着せようと思って出してみると、首回りに黄ばみが出ていました^^;

きちんと洗濯しておいたはずなのに、時間がたつと汚れが黄ばみになって出てきたようです。

「もう捨てようかな・・」とも思いましたが、ある方法で洗濯するとキレイに黄ばみが取れました♪

今日は赤ちゃん(ベビー用)の衣類の黄ばみを落として、キレイにする方法をお伝えします。

スポンサーリンク

こんなにきれいになりました♪

こちらが洗濯する前の肌着です。

首回りに黄色く変色した汚れがありました。

洗濯して置いておいたはずなのに、いつの間にか黄ばんでいたようです。

ベビー服 黄ばみ1

洗濯後の肌着がこちら。

あるやり方で洗濯すると、きれいに落ちました^^

ベビー服黄ばみ2

赤ちゃんの肌着の黄ばみをキレイに洗濯する方法とは!?

一度洗濯してきれいにしたはずのベビー服。

その黄ばみ汚れの原因となるのは、母乳やミルク、汗、よだれなどに含まれるたんぱく質です。

たんぱく質は洗濯洗剤を使って水洗いしても、完全には落ちていなかったため、時間が経って酸化し、黄色く変色したのだと考えられます。

そこでこのたんぱく質汚れを落とすために、酸素系漂白剤を使用します。

我が家ではこちらを使っています♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酸素系漂白剤(750g)
価格:432円(税込、送料別) (2017/12/8時点)

用意するもの

・粉末の酸素系漂白剤
・40~50℃位のぬるま湯
・バケツ
・割りばしなど
・クエン酸(レモンの絞り汁)

洗濯のしかた

①バケツにぬるま湯を用意し、酸素系漂白剤を溶かします。

酸素系漂白剤がより効果的に働くように、熱めのお風呂のお湯くらいの温度のぬるま湯を使います。

私は1リットルに対して5gの漂白剤を入れました。

②割りばしなどでよくかき混ぜて、漂白剤からブクブクと泡が出たら赤ちゃんの肌着を漬けこみます。

このとき、温度を保つために蓋があればしておきましょう。

③2時間ほどたったら、水ですすぎます。


④クエン酸を入れた水ですすぎます。

敏感な赤ちゃんの肌のために、赤ちゃんの肌着を中性に戻します。さらにクエン酸には、衣類をより白くする効果もあります。

ホームセンターなどでも販売されていますが、我が家ではクエン酸の代わりにレモンの絞り汁を使用しました。

⑤洗濯機でいつも通り洗濯します。


スポンサーリンク

黄ばみが強い場合はどうする?

頑固な黄ばみを落としたい場合は、漂白をする前にたんぱく質汚れを落としておきます。

使用するのは、台所用洗剤です。

黄ばみの部分に歯ブラシなどで優しく台所用洗剤(できれば濃縮タイプ)をなじませます。

それから、酸素系漂白剤に漬けこみます。

こうしておくと、黄ばみが強い場合もきれいに落ちると思います^^

さいごに

赤ちゃんの肌着を洗うときに注意したいのは、

塩素系でなく酵素系の漂白剤を使用することと、漬けこむ際は必ずぬるま湯を使用することです。

私が以上の方法で洗濯してみた結果、襟元の黄ばみがほとんど取れてキレイになりました^^

思い入れのある上の子のベビー服がきれいによみがえり、とても嬉しかったです♪

1回で黄ばみがキレイに取れなかった場合は、もう一度試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ベルオン より:

    こんにちは。
    もうすぐ生まれる姪っ子に娘のお古を〜と思い箱から出してきたところ、首回りが真っ黄色!こちらの記事の通り実践したところかなり綺麗に落ちました!

    • 小桃 より:

      ベルオンさん

      コメントありがとうございます。
      お役に立てて良かったです!
      元気な姪っ子さんが生まれますように^^