年賀状の一言メッセージ 友人へ送る場合の添え書き文例は?

鏡餅
年賀状を書くときに、いつも悩んでしまうのが添え書き

一言コメントを書くだけなのに、なかなか思いつかなくて・・^^;

親しい友人ならともかく、ちょっと疎遠になっている友人には何て書こうかな。

そこで今回は、友人や知人へ年賀状を出すときの一言メッセージの文例をパターン別にご紹介します。

 

相手を選ばずに使える定番の一言メッセージ

「素敵な一年になりますように」

「本年も親子共々よろしくお願いします」

「皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします」

「またご飯でも行きましょうね」

「楽しいお正月をお過ごしください」

「お変わりありませんか」

「旧年中はお世話になり、ありがとうございました。」

「本年をすばらしい年にするようお互いに頑張りましょう」

「今年も明るく希望に満ちた年にするために、いいスタートを切りたいですね」

相手の健康を気遣うメッセージ

「元気にしていますか?
仕事忙しそうだけど、無理しないでね。」

「最近どうですか?
育児は大変だと思うけど、お互いがんばろうね。」

「これからますます寒くなるので、どうかご自愛ください。」

疎遠になっている友人へのメッセージ

「今年こそゆっくり会いたいですね」

「昨年はとうとう会えなかったね。
今年は時間を作ってみんなで集まりたいね!」

「元気にしてる?久しぶりに会いたいな!」

「毎年くれる年賀状の家族写真すごく楽しみにしてるよ」

「また久しぶりに皆でわいわい集まりたいね」

「年越しはゆっくりできたかな?」

「年賀状で〇〇の近況報告を聞くのが毎年楽しみだよ」

「最後に会ったのいつだろう?またお茶でも行こうね」

「お互い忙しくてなかなか会えないね」

幸せを願うメッセージ

「〇〇(相手の名前)にとって幸多き一年になりますように」

「お互いにとってますます良い年になりますように」

「充実した一年になりますように」

「〇〇にとって幸せいっぱいの一年になることを祈ってます」

感謝の気持ちを伝えるメッセージ

「いつも仕事の愚痴を聞いてくれてありがとう!」

「いつも応援してくれてありがとう。」

「〇〇(相手の名前)の存在が大きな支えになってるよ!
いつも本当にありがとう」

「いつも〇〇に元気もらってるよ。
今年も変わらずよろしくね!」

近況を伝えるメッセージ

「最近どうですか?私はヨガを習い始めてハマってます♪」

「まだ〇〇続けてる?私は最近料理を習い始めたよ」

「去年初めて〇〇県へ行ったよ!
みんなで卒業旅行に行ったのが懐かしいね」

「今年こそ断捨離をして部屋を綺麗にする予定です」

「引越ししたよ~。よかったら遊びに来てね!」

「今年は□□の資格取得を目指して頑張ってます」

「心機一転、今年は新しい職場で再スタートします。覚えることが多くてパニックですが、やりがいがあって楽しいです。」

「〇〇(子どもの名前)も3歳になり、保育園に預けて本格的に仕事を始めました。
毎日バタバタですが夫と協力して頑張ってます。」

「4月から〇〇(子どもの名前)が小学校に入学します。
□□ちゃん(相手の子どもの名前)ももう幼稚園かな?」

※近況報告を書く場合、独身の友人には子どもの話より自分自身の話を書いて出す方がよいでしょう。

まとめ

年賀状の中でも、一番多いのが友人宛てに送るもの。

親しい友人でも、何年も会っていない友人でも、一人ずつ顔を思い浮かべてゆっくり書いてみませんか。

心のこもった年賀状に、きっとお友達も喜ばれると思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

●年賀状の関連記事はこちらです↓↓
年賀状の一言メッセージ 遠い親戚へ送る場合はどんな添え書きがいい?

年賀状の一言 上司へ手書きメッセージを書くなら?文例をご紹介♪

書き損じた年賀状は交換できる?いつまでならOK?去年のものは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする